5周年記念集会

首長と語る 『消費者行政のみらい』
~どう守る! 私たちのくらしの安全と安心

縦割り行政の弊害で対応が遅れ、またも起きてしまった蒟蒻ゼリーの死亡事故。事故米の不正流通・メラミン混入・不当表示などくらしや食の安全・安心が問われています。
現在、来年度の消費者行政一元化に向けての議論が急速に進み、日本の消費者行政が大きく変わろうとしています。しかし、消費者行政の充実・強化は、消費者問題の最前線である消費生活センターを初めとする地方消費者行政の充実・強化なしには成し遂げられません。
今回の5周年記念シンポジウムに佐賀県知事、佐賀市長をお迎えしました。佐賀県の消費者行政充実のために有意義なシンポジウムになりました。

日時:2008年11月25日(火) 18:30~20:30
会場:佐賀市文化会館大会議室

プログラム

基調報告


佐賀県知事 古川康氏
日本女子大学准教授 細川 幸一氏

パネルディスカッション

佐賀県知事 古川康氏
佐賀市長 秀島敏行氏
日本女子大学准教授 細川幸一氏
消費生活相談員 原まさ代氏 (消費生活相談員の会さが)

2008年11月25日
佐賀消費者フォーラム
「5周年記念集会」参加者一同

ページTOPへ▲


〒849-0934
佐賀県佐賀市開成三丁目3番28号
コープさが生協内
TEL&FAX 0952-37-9839